現代の多様化する葬式

現代社会では、亡くなった人が生きている間に行う生前葬やお別れ会などさまざまなタイプのお葬式が登場してきています。伝統的な形の他にも、故人の希望をより多く取り入れた個性的なお葬式が大きな注目を浴びているのです。飾る遺影にも強いこだわりを持つ人も多く、特殊加工された遺影を生前に準備して制作しておく人も少なくありません。
そして、参列した人々に聞いてもらうためにお別れの挨拶を音声や動画に残して、用意する高齢者も年々増加してきているのです。本人の言葉で親しい人々に別れを告げることができると幅広い年代からも人気を集めています。最近では、より一層多様化してきているお葬式の形は、今後もさらに進化を遂げていくと見られています。

少子高齢化や核家族化によって菩提寺を持たなかったり、宗教に属していなかったりする家庭が増えています。新たに檀家に入ったりお墓を作ったりするのは経済的にも負担がかかり、その後のお墓の管理が難しいことから無宗教葬を行い、納骨もまた公営墓地か民営墓地、樹木の下などに納骨する樹木葬などを行うことが多くなってきています。
無宗教葬は宗派や宗教にとらわれないため、故人の遺志や残された家族の意向に添って行うことができます。故人らしい葬儀をすることができるため、友人や親しい人と相談をしながら決めていくこともでき、ゆっくりと故人との別れをすることもできます。
メリットがある一方、注意する点もあります。
まずは、親族に理解をしてもらうことが大切です。昔ながらのお経を大切にする方も多いため無宗教葬はなじめないことがあります。トラブルを防ぐためにもしっかりと話しておくようにしましょう。

 

<PR>お家の見直ししま専科 / 貯蓄 / アフィリエイト相互リンク / JALカード / GetMoney / クレジットカードの即日発行じゃけん / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / マッサージのリアル口コミ.com / 女性向けエステ.com / 健康マニアによる無病ライフ / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 童話